ヒーリングコードを使ってみたら

アクセスカウンタ

zoom RSS 惜しまれる命

<<   作成日時 : 2017/06/01 09:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 12

人よりも
目立つ
人よりも
優れている
そんな命が
また自分からこの世を去るという
事が繰り返されてますね。




ワタシの身近には
人の振り見て...をまったく考慮せず
「お前が悪い」
「お前のせいだ」
を突発的に発せる人がおります。


画像


良い悪いは別として
身体には護身術
心にもクラス全体が敵にまわろうとも
「お前が悪い」
そうその時は瞬発的に考え
場を替えられる
そういう強さが必要だなぁ

画像



そう思い
その「お前が」という方に
純粋な若者に
心の平静を保つ方法を紐解いて
もらいたいものだと
真剣に
思いますわ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170530/k10011000711000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_002




画像




大切な命が
優秀な人が
自分からこの世を去るなんていうことが
無くなって欲しいです。













月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

最近の世界を見ていると
国のトップがそんなことを言っていますね
国民も右に倣えの世界では
どこに歯止めがきくのでしょうか
正義は・・決して死なせてはならない
無門
2017/06/01 18:13
正義は必ず勝つ!
そういう信念はあるけど、いつ勝のか
果てしない時間が繰り返されますね。
悪はそれほどに陰湿で手強いですから、
負けちゃうことってありますね。
真実はひとつで簡単なことなのに何がそうさせるのか〜。
歯がゆいですね。
ワニさんの写真にasakunさんの感性に脱帽!
ガウ!ですね(笑)
水の中の・・クスッとしました〜!
とわ
2017/06/01 20:47
今の子供たちは弱くなりすぎているなあと嘆く毎日です。私の小学生の頃はガキ大将に毎日虐められていました。どうにも我慢できなくてある日ついに反撃したらまるで弱いガキ大将で、その日から○○ちゃん俺がカバン持ってくよと手の平を返したように太鼓持ちでした(^^;; でもそれで皆仲良くやって来たのだから昔はさっぱりしていたんですね。今は陰湿なんでしょうね、せめて孫は少し逞しくなってほしいと、猫っ可愛がりの中にも我儘を言って泣きじゃくるときは怒鳴りつけています。優しさだけでも厳しさだけでもだめで、子供たちを育てることは難しいですね。でも真剣に悩みながらもやっていくことは親や爺婆の責務だと思います。
サヤ侍
2017/06/01 22:12
若者の死亡原因で
圧倒的に多いのが自殺です。
ゴシップ記事を基にした個人攻撃が
横行するなど、何かと嫌な
世の中ですが、若い方たちには
それでも生き抜く「心の護身術」を、
身に着けてもらいたいですね。
yasuhiko
2017/06/01 22:16
無門さん


いつからこんな風になったんでしょう?
イジメは昔からありましたし
いわれているのは歯止めが利かない
陰湿なイジメが問題である
それのターゲットにならないように
皆がダレカがイジメられたら
ヨカッタとばかりに胸を撫で下ろし
イジメを容認する側にまわる
こんな構図ですよね。
ワタシも自信がないですが
せめてもこんな良い子が苦しむなんて
可笑しいですから
逃げ場が必要なんですよね。
小さい頃から無門さんのように
スポーツを重視するのは
いかがなものでしょうね?
スポーツマンシップもあるでしょうし
教育現場でボランティア活動や
スポーツも重視される
べきなんじゃないかなぁと思うのですが
早々にコメントありがとうございます
asakun
2017/06/02 16:06
とわさんは


ホントウに褒め上手
周りにいる方が羨ましいですわ
ワタシなど人を怒らせ上手ですからねぇ

今のお子さんって物言いもですけど
顔も完成されてますし大人びてますよね。
友人の子なんて小学生だっちゅうのに
「肩が凝る〜〜〜、人間関係が...」なんて
いうそうですからね。
変なことに気を遣ったりしないで
人は人自分は自分良さなんて誰にも
わかるわけがないんだからノビノビと
育って欲しいですわ。
(イジメル側をコテンパンにするような
そんな事ができたらいいんですけど)
正義どこにある...デスワ
早々にコメントありがとうございます
asakun
2017/06/02 16:15
サヤ侍さんが


猫っ可愛がりしながら
いうことを聞かない時に怒る様子が目に
浮かびワタシ怖くて泣きそうデスワ...

学校で孤立して家でも誰にも頼れなくて
でも頭も良くて気も優しくて
決して人が悪い
世の中が可笑しいと気がつかないで
命を絶ってしまう
幼いのにこんなに思いつめるのが本当に
なんといえばいいのか
サヤ侍さんがどうにも我慢できなくて
ブチ切れた瞬間(そうなんですよね)
手塚治虫さんが好きな漫画を描いて学校の
イジメッコに読ませた話
(近年苛めてましたという女性が
TVに出てらっしゃいましたね)
場を変える力を持つのが必要ですよね。
人が教えられれば教えるべきこと
ですよね。
コメントありがとうございます
asakun
2017/06/02 16:23
yasuhikoさん


ワタシ自身が今のようにびに入り細に入り
かまわれたらたまったものではないと思います。
持ちませんわ

イジメ
それが卑怯な事である
それを見逃すべきではないことを分ってもらう
のが必要な気がするんですけどね。
どうしてこれができないのか
ゆとりのない今の状況はスマホを絶えず手にして
入力している人の様子を見ても思いますし
伸びやかさがないのですよね....
yasuhikoさんのお孫さんも決して巻き込まれ
たりしないように気をつけてあげてください。
コメントありがとうございます
asakun
2017/06/02 16:34
日本人の自殺率は減少しているとは言えまだ世界的には上位にあると聞いています。若者の自殺が後を絶たないのは昔はなかった社会現象に対応できない難しさがあるからでしょうか。
ミズバショウ
2017/06/04 18:28
ミズバショウさん


日本人が楽観的なのかどうか
わかりませんが
このままいくと我がニッポン丸は
座礁か沈没か..不安がありますよね。
情報過多な中で今のお子さんたちが利口で
大人びているのはいいですけど
イジメにも逃げ場がないような気がしませんか?
こんな目にあったら持たないじゃないか
誰が中立的な立場で割って入るとか
なにかないのか
教師はどうしたいないのか?と
いつも思います。
日本がもっとゆとりと優しさを取り戻して
欲しいものですわ。
コメントありがとうございます
asakun
2017/06/05 13:55
ボクも、高校の時に、そういう気持になった事がありましたよ。
授業中に…
この窓から飛び降りたら楽になれるやろなぁ…
なんてね。
優秀な人材ではなかったですけどね。(^^ゞ

「心の平静を保つ方法」
ホンマ、紐解いて欲しいですね。
でも「お前が」という方には、ちょっと…

「お前が…」
って言う方はスゴイですよね。
よく、あんな風に言えるなぁ…って。
ボクなら、絶対に無理!(^^)

今の世の中は、昔と違って、心のケアをする場が沢山あるから、ホンマは、昔よりも激減してなきゃいけないんでしょうけど。
でも、商売になってるから、どこまで親身になってるのか…
それに、時代と共に、問題も新たに発生するから…

「心の平静を保つ方法」を身に付けると同時に、「心を強く保てる方法」、「心に受け入れる方法」なども身に付けなきゃいけないんでしょうね。
yoppy702
2017/06/07 11:51
yoppy702さんも


10代の頃はそんな気持ちになりましたか?
ドロップアウトすると大検が無かった時代は
大変でしたわよね。
人生をかけなくちゃ

お前が...と思える+お前が...と言えるのは
本当にスゴイと感じます。
なにがそうさせるのか
個人主義が形だけまかり通っていても
日本人にはやはり出る杭を打つというところが
ありますから
日本人が失くしたもの
それをまた得る
それは心の中にあったものじゃぁなかったかなぁ
そんな風に感じますわ
yoppyさん
コメントありがとうございます
asakun
2017/06/08 11:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
惜しまれる命 ヒーリングコードを使ってみたら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる