ヒーリングコードを使ってみたら

アクセスカウンタ

zoom RSS アッと

<<   作成日時 : 2016/08/27 09:03   >>

トラックバック 0 / コメント 8

オドロクような
このスケボー少女

画像


よく見ると
両脚がありません。

画像


生まれながらの
四肢欠損症で
両脚がなく
右手も3本の指しかありません
彼女の名は
カンヤ・セッサーさん



タイで生まれた彼女
両親は生まれてすぐ
彼女を捨ててしまい
施設に入れられました。

画像


5歳になった
彼女をひきとったのは
アメリカ人夫妻
父親は科学者
母親は障害者関係の
仕事をする夫妻でした。



両親の元ですくすくと
育った彼女は
パラリンピックにも出場する
アクティブな女性に育ち
なんと
今はモデルという職業についています。
画像



「あなたを見ると元気になれる」と
言われ彼女は
障害を持つ人は
引きこもりがちになる
ワタシを見て
元気を出して欲しいと
その身体を惜しげもなく人目に晒し

画像

車いすで大量の買い物をして
膝に乗せて押して帰り
プールで泳ぎ
スケボーをし
なんだって自分でやります。





教えられること
ワタシは
数多いですわ。





追記
勝手ながら次週9月3日(土曜日)
更新お休みさせていただきます。
いつもお読みいただきありがとうございます






月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは♪
途中から涙があふれてきました。
彼女も彼女を引き取って育てたご両親も素晴らしくて勇気を貰いますね。
ご両親の愛情が今の彼女の原典なのでしょうね。
まきちゃん
2016/08/27 14:13
まきちゃんさん


こんにちは♪
泣いてしまいますよね
ワタシもがらにもなく涙が出てきて
しまいました。
彼女はモデルといっても下着と水着なん
ですね。自分の弱点を晒す勇気 それは
彼女の笑顔の中の眼差しにもちらりと
みることができますけど
ホント彼女の育てのご両親がいなければ
今の彼女はいなかったでしょうし彼女も
「ワタシはその為に生まれてきた」と
仰ってますね。
コメントありがとうございます
asakun
2016/08/28 13:36
人間と言うのは身勝手だなあと思ってしまう。普通ならば偉いなあこの子は、なんて強い子なんだろう。五体満足の自分、不満を口にする前に頑張らんかい!と思うくらいでしょう。でも2枚目の写真の顔、まるで孫に瓜二つの表情を見たとたん涙があふれ出て止まらなくなりました。可哀想になあ、偉いなあ、頑張るんだよ、きっと幸せが来るからね。涙でクシャクシャのじいじを孫は不思議な顔をして見つめていました
サヤ侍
2016/08/30 11:54
サヤ侍さん


カンヤさんも嬉しいと思いますよ。
そんなに思ってもらえて
TVの向こうでは「ワタシがどんなふうに
用を足すかみたい??」とケロッとした顔で
言ってのけるお嬢さんです。
カンヤさんの目の奥に見え隠れする
アスリートの光は彼女の日常の
一瞬一瞬が女子のカヨワイ(本来なら)
両の腕が歩くときも飛び越え車に乗り降り
する時も台所のシンクや便器に乗る時も
すべてが大変な動作だからと思います。
好奇の目に負けてなんかいたら生きていけない
それが彼女を強く逞しく心も腕も身体も
鍛えたんでしょうね。
ご両親なくしては彼女はもちろん
ありませんが
パラリンピックも出場の経験があるということです。
叩けばドアは開かれる
大変でも1歩前に進めば後はなんとかなる
と彼女は引きこもりがちになる身障者に
見て欲しい健常者にも見てもらいたい
そう思っているそうですよ。
コメントありがとうございます
asakun
2016/08/30 13:49
asakunさんには、時々、こういう事例を教えてもらって、唸ってますが、今回のカンヤ・セッサーさんも、驚異としか思えないですね。
五体満足でも、なかなか出来ない事をやってのけるなんて…
カンヤ・セッサーさんの事をチェックしてみました。
その中には、動画も紹介されていて、彼女が歩行したり、スケボーやサーフボードに乗ってるところもありました。
モデルをやっているシーンもありました。
それを見てると、自分が恥ずかしいし、情けなくなりますね。
カンヤ・セッサーさんはどんな時でもポジティブで、夢を叶えるために努力を全く惜しんでいないそうです。
惜しまない努力…
彼女と比べると、五体満足のボクは、全く、努力していない感じに思えてきます。
不幸な生い立ちの彼女ですが、5年間育ててくれた施設も立派やし、その後、彼女を引き取り、育てた夫妻もスゴイと思います。
彼女は、「No Legs No Limit(脚はないけど限界もなし)」と言ってるそうで、この言葉は深いですね。
yoppy702
2016/08/30 22:13
yoppy702さん


実はワタシも精神的には車いすで
ゴロゴロ..もう年には勝てませんわ
補足ありがとうございます
そうそう「No Legs No Limit
(脚はないけど限界もなし)」
仰ってましたね。
可笑しな話ですが乙武さんも浮気され
たとか聞きますし思う以上にハンデを
背負った方達はひょっとして精神的には
ずっとずっとず〜〜〜っと
健常者より逞しいのかもですわね。
心を病む人が今増えている
そのことが懸念されますよね。
yoppyさん
山登りに最適な気候がやってきましたね。
もうブログ書いてるひまありませんでしょう??
コメントありがとうございます
asakun
2016/08/31 08:55
お久しぶりです。^^ごぶさたしておりました。。
この女の子、少し前にテレビで観ました。
すごいなぁ〜と感心してしまいました。
不自由なところがあるなら工夫して出来るように考えてみよう、と思いましたです。

まだまだですが彼女の前向きさを見習いたいです。
はこふぐ
2016/09/06 10:32
はこふぐさん


ご覧になりましたか?
両親に捨てられて施設での5年
その後のアメリカでの生活が
今の彼女を造っているわけですけど
彼女の強さそして優しさのルーツは
彼女のそういう環境がありますよね。
乗り越えて強くなるか
つぶされてダメになるか
そうならないように彼女が手を差し
伸べてくれているわけですが
こんな素適な人
マダいるのでしょうね
長生きするもんですわ
はこふぐさん
コメントありがとうございます
asakun
2016/09/06 11:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
アッと ヒーリングコードを使ってみたら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる